スマートフォンにSIMカードが必要な理由

subpage01

格安料金で利用できるスマートフォンの通信回線が増えるに従い、SIMカードという言葉が取り沙汰されるようになりました。このカードはスマートフォンで電話をしたり、インターネット等でデータ通信を利用したりする時に必要なカードです。
1cm〜2cm程度の大きさで、電話番号や回線契約等の情報が搭載されたICチップが入っています。SIMカードが入っていないと、端末の情報が何も入っていない状態になるため、電話等の利用ができません。



自分が契約をする会社に申し込みし、発行して差し込む必要があります。

キャリア会社等で自社ショップがある場合には、担当者がSIMカードを入れてくれることがほとんどです。


しかし、格安回線の場合は店舗を構えている会社は少ないので、サービスサイトでカードの発行を申し込み、利用者自身が入れて自分で設定をしなくてはいけません。
たいていの会社ではマニュアルを添付しているので、手順通りに行えるようになっています。

大手携帯キャリアを利用していて、格安回線を提供する他の会社に変更するには注意が必要です。



そのキャリア会社のみでしか使えないように制限されているため、キャリア会社に申し出をして制限を解除する必要があるのです。新たにスマートフォンを購入しなくても、SIMカードの発行のみを依頼するだけで既存の端末をそのまま利用できます。

新規に購入する場合は、格安サービスを扱う会社で制限がかかっていないSIMフリースマートフォンが用意されています。



回線に適した機種端末ですので、利用しやすいでしょう。